栗山千明

1984年10月10日生まれ

1999年映画「死国」で女優業を本格始動。 「キル・ビル Vol.1」で女子高生の制服姿で主演ユマ・サーマンと戦う個性的なキャラクター 「GOGO 夕張」としてハリウッドデビューし、
国際舞台で活躍する日本人女優のパイオニアとして世界に鮮烈な印象を刻みつけた。
現在に至るまで、多数の映画、ドラマ、舞台、CM等に出演。
2010年2月24日にアニメ「機動戦士ガンダムUC(ユニコーン)」主題歌「流星のナミダ」で アーティストデビュー。オリコンデイリーチャートTOP10にランクイン!
その活躍は日本に止まることを知らず、アジアをはじめ、アメリカ、カナダ等世界デビューも 果たし、チャートを席巻!
2010年11月17日には布袋寅泰プロデュース「可能性ガール」(アニメ「銀魂~よりぬき銀魂さん〜」OP)、2011年1月26日には浅井健一プロデュース「コールドフィンガーガール」(アニメ「レベルE」OP)リリースに続き、
2012年3月2日に椎名林檎プロデュース両A面シングル「おいしい季節/決定的三分間」、同3月16日に待望のファーストフルアルバム「CIRCUS」をリリース!
2011年には再び椎名林檎プロデュースによるシングル「月夜の肖像」(栗山千明主演ドラマ「秘密諜報員エリカ」主題歌)をリリース。
2012年1月11日には、ファーストアルバム「CIRCUS」に椎名林檎プロデュースの「月夜の肖像」「青春の瞬き」を追加収録した「CIRCUS Deluxe Edition」をリリース。
女優として、アーティストとして幅広く活躍中。